概要

当法人では、事業運営を行うにあたり、多くのITを活用しています。多くは、業務の効率化や情報の体系化、紙資源の削減等のために導入しているものでありますが、当法人設立年である1997年頃と比べて、比較にならない成長を遂げている分野でもあります。これらITの導入をせずに運営することは非常に困難な時代に突入していると思われますが、当法人においてIT化を行っていない部分について「自分達で作る」ことを目標に掲げ、取り組みとして開始させたのが、職員の勤怠管理を主とする業務システム「ぽぷらNET」です。

ぽぷらNETの特徴

ぽぷらNETの主な役割

  • 法人内に所属する職員の情報(氏名・生年月日等を取り扱う基本情報、入職日・雇用形態等を取り扱う雇用情報等)の管理
  • 職員情報を基にした勤務割予定作成とその実績管理
  • ICカード(Felica)で作成した職員証または電子メールによる出退勤時等打刻処理
  • 勤怠で発生した欠勤や休暇等の取得・電子申請
  • ぽぷらNET内に存在する全ての決裁を必要とする情報(休暇・欠勤、氏名変更等)への電子決裁処理
  • 電子メールクライアントと送受信された電子メールの管理(所属長による所属職員の電子メールの閲覧機能等)

職員証による認証

職員の出退勤時の打刻やぽぷらNETへのログイン処理の多くは、ICカード(Felica)で作成した職員証(画像右)とICカードリーダー(画像左)で行います。職員証は当法人に在籍する全ての職員に貸与するもので、カードリーダーはぽぷらNETに接続可能な全てのパソコンに用意されているため、多くのPCで目的の処理を行うことが可能です。

ぽぷらNETの処理の流れ

ぽぷらNETでの勤怠処理は以下のように行われます。以下の画像は簡易的に表しているものになりますが、PDFファイル形式でもう少し詳細な処理系統もご案内しております。

スクリーンショット

職員情報
勤務割作成
各種申請
メッセージセンター
※各画像内で個人名またはアカウント情報等が表示されている部分については黒く塗りつぶしています。
※各画像をクリック/タップすると、大きな画像を閲覧できます。

ぽぷらNETの仕様

運用形態

  • クライアント/サーバー式のデータベースシステム

クライアントOS

  • Windows7

サーバーOS

  • WindowsServer2008 R2

ユーザーインターフェース

  • Microsoft Access 2010/2013

データベース

  • Microsoft SQLServer 2014 Express

ICカード

  • Felica Lite

カードリーダー

  • Sony PaSoRi

その他

  • カードリーダーを利用するためのコンポーネント(PC/SC、 Felicaドライバ非依存)は、Microsoft Visual Studio Community 2015で作成。