代表者挨拶

理事長 沢田 長吉

理事長 沢田 長吉

ぽぷらの樹 は、平成10年4月に緑豊かな川越市牛子に開園しました。
「ぽぷらの樹」という名称は北海道大学学長であったウィリアム・S・クラークの「少年よ大志をいだけ」の言葉に感銘を受けたことに由来し、私の夢であった「老人福祉施設」の立上げを機に命名しました。

今日、家族による介護にも限界を感じ、施設入居を希望される方々が年々増えてきており「ぽぷらの樹」に申請・待機されている方々も多くいらっしゃる状況です。 福祉全体から見れば、本当に微力ではありますが、高齢者社会における地域福祉の担い手として、スタッフ一同、一層のサービス充実をはかり利用者様、家族の方々、また、福祉に携わる各方面の皆様にご満足頂けるよう努力する所存でございます。
今後とも「ぽぷらの樹」をよろしくお願いいたします。

社会福祉法人 誠豊会 理事長 沢田 長吉