法人名「誠豊会」の由来

法人名「誠豊会」の由来についてご案内させて頂きます。なお、「誠豊会」は「せいほうかい」と読みます。

設立代表者である 理事長 沢田 長吉 が、人と人との出会いを大切にするために、上記のようにありたいと念じて、「誠豊会」と命名いたしました。

施設名「ぽぷらの樹」命名の由来

施設名「ぽぷらの樹」の由来についてご案内させて頂きます。なお、「ぽぷらの樹」は当施設で提供させて頂いている各介護サービスの名称でもありますが、この施設(建物)の名称でもあり、正式には「特別養護老人ホームぽぷらの樹」と言います。

Clark

クラーク博士像

設立代表者である 理事長 沢田 長吉 が、小学校時代に習った皆様ご承知のクラーク博士の有名な言葉「Boys,Be Ambitious!~少年よ大志を抱け~」に感銘を受け、大きな北海道を連想し、北海道の代表樹より命名いたしました。

「人は年齢に関係なく生きている限り、夢と希望(目的)を持ち続け・地域社会の人々に寄与出来るよう、日々努力を重ねるべきであろうと解釈する。お年寄りも、職員も強い夢と希望(目的)を持って日々、前進して頂きたい」

理事長 沢田 長吉

シンボルマークの由来

popura_symbo

「人は大自然の中で生きているが、一人では生きていけない」。ぽぷらの樹のシンボルマークは、三本の矢になぞらえて三本のぽぷらの木を並べて、一人の不足を他の人が補う様と、人という字の如く人と人が支え合って生きていく姿を表わしたものです。青色の背景は空であり、大自然を表わしています。
ポプラの木

ロゴタイプの由来

popura_logo

様々な書体がある中で、丸ゴシック体は人の体に良く似ている書体と言えるでしょう。人の体の先端は全て丸く、大人になるほど人の心も丸くなります。また、現代感覚にマッチさせ、法人としての安定感を図る為にやや平体を掛けております。